#プラスチック #気候変動 #海洋生態系

ウミガメの家族が暮らす海を守ろう

参加する

ウォレスとグルミット? ひつじのショーン? いえいえ、2020年は「HOME 〜あるウミガメ一家の物語」の年です!

気候危機、プラスチック汚染、石油掘削や乱獲により、私たちの海は限界点が近づいています。しかし、この現実は十分に語られていません。

これが、「ウォレスとグルミット」や「ひつじのショーン」を手掛けてきた英国の「アードマン・アニメーションズ」とグリーンピースがウミガメの家族の物語を短編アニメーションを共同製作した理由です。HOME 〜あるウミガメ一家の物語は、家に帰ろうとする愛らしいウミガメの家族の悲痛な物語を描いています。

豪華キャストが大集合!

英語版アニメーションでは、このキャンペーンに賛同するオーシャンアンバサダー7名が協力をしています。その豪華なキャストは…

  • 母親役:オリビア・コールマン(映画「女王陛下のお気に入り」のアン女王役でアカデミー賞を受賞)
  • 父親役:デビッド・ハーバー(ドラマ「ストレンジャー・シングス」でのホッパー役で最もよく知られている彼は最近、グリーンピースの調査航海に参加し、南極を訪れました)
  • 祖母役:ヘレン・ミレン(映画「クィーン」でエリザベス女王を演じ、アカデミー賞を受賞している演劇界の大御所)
  • 祖父役:ジム・カーター(ドラマ「ダウントン・アビー」で執事のカーソン役を演じて日本でも有名に)
  • 子ども役には、アヒル・シャー(英国のコメディアン)、ベラ・ラムジー(ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演)が担当。また、ブラジルのインフルエンサーであるジョバンナ・レンチェロッティがヒトデ役を担当しています。

悲しい現実、海のいのちの危機

アニメーションの家族のように、実際のウミガメは破壊的な産業からの激しいストレスにさらされています。7種のウミガメのうち6種は、漁業や沿岸開発など、複数の原因により絶滅の危機にさらされています。*1

海に迫る危機は、ウミガメだけにとどまりません。悲しいことに、ある研究では、海洋生物は陸上生物より2倍の速度で消滅していることが示されています。*2

私たちの海はあらゆる角度から危機に直面し、気候の変化は、数十年前には考えられなかった方法で海洋を変えています。CO2によって酸性化し、暖められた海洋は、ウミガメだけでなく、そのほかの海洋生物にとっても広範囲にわたる影響をもたらします。

乱獲、石油掘削、プラスチック汚染、そして、開発の手が伸び始めている深海採掘産業もすべて、すでに気候変動の影響を受けている海に追い討ちをかけています。 国際的な海洋ガバナンスがきちんと整っていないため、大企業による海の搾取が可能となり、海が危機に陥っているのです(その詳しい内容は、IPCCが2019年に公開した『海洋と雪氷圏に関する報告書』でも説明されています)。

でも、私たちは海の運命を変えることができる

科学者たちは、明確な解決策を示しています。海に回復する時間をあたえ、海洋生物の安全な暮らしをきちんとまもるためには、世界の海の少なくとも3分の1を保護する必要があります。

詳しく読む:「世界の海をまもる大胆でシンプルな方法

いま、国際的な海洋条約において、どのように海を守るかを話し合うプロセスセスが国連で進んでいます! 3月末に、これの最終交渉が予定されています。保護区ができれば、破壊的な漁業や開発を完全に禁止し、海に回復と繁栄に必要な猶予を与えることにつながります。

海はこれまでもずっと、二酸化炭素を吸収し、私たちの吸う空気の半分を与え続けてくれています。その海を守ることは、海洋生物だけでなく、人間の暮らしと地球の未来をまもることでもあります。

このビデオをシェアして240万人が参加する世界のムーブメントを日本でも広めてください!

*1: ‘About Marine Turtles’ IUCN-SSC Marine Turtle Specialist Group

*2: ‘Ocean-Dwelling Species Are Disappearing Twice as Quickly as Land Animals’